1月7日は七草がゆを食べて、一年間の無病息災を願いましょう!

健康

1月7日は七草がゆを食べて、一年間の無病息災を願いましょう!

インド由来のヨガポリフェノール【機能性素材のスーパーフード】

七草がゆの作り方!

七草がゆの材料!

(2~3人前)

ご飯<炊いたもの>150g
水3カップ
せり
なずな
ごぎょう
はこべら
ほとけのざ
すずな
すずしろ

七草がゆで健康を願う!

中国で制定された人日の節句にはある習わしがありました。
それは7種の野菜などを入れた吸い物(七種菜羹:しちしゅさいこう)を食べて、無病息災や立身出世を願うというものです。
これ、よく似たことを私たちも行っていますよね?

そう!七草粥です。

そもそも日本には年のはじめに若菜を摘んで、自然界から新しい生命を頂く「若菜摘み」というものがありました。
中国の人日の風習が日本に伝わった際、その若菜摘みと七種菜羹が相まって、現在の7日に七草粥を食べて、無病息災を願うものになったと言われています。

出典 http://weathernews.jp

七草の効能!

せり(芹)は数少ない日本原産の緑黄色野菜で、セリ科の多年草。精気を養い血脈を整え、保温効果や高血圧予防に優れています。

なずな(薺)は別名ぺんぺん草と呼ばれるアブラナ科の二年草。カルシウムやカロテンが豊富で風邪の予防に優れています。

ごぎょう(御形)は母子草(ははこぐさ)の別名でキク科の二年草。咳・痰に効果があります。

はこべら(繁縷)ははこべのことでナデシコ科の二年草。昔から腹痛薬とされ、産後の浄血に用いられています。

ほとけのざ(仏の座)はキク科の二年草。胃腸に効きます。

すずな(菘)はかぶのことでアブラナ科の一・二年草。葉はカロテンやビタミンCの多い緑黄色野菜で、腹痛薬としても使われています。

すずしろ(蘿蔔)は大根のことでアブラナ科の一・二年草。葉はカロテンやビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、風邪予防や美肌効果に優れています。

出典 http://matome.naver.jp

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

月別アーカイブ

<